初代創製
甚作饅頭
明治18年に初代甚作が奥浜名湖三ヶ日の地で「饅頭」を造り始めました。
以来、創業者の名前がそのまま菓名となった「甚作饅頭」を造りつづけて五代、入河屋の原点ともいえるこの饅頭は卵の風味の柔らかな生地に北海道、帯広のこだわり小豆農家、中薮農園直送の小豆「北の乙女」の餡が自慢です。白がこし餡、茶色が粒餡です。数に限りがあります。売り切れの際にはご容赦下さいませ。
年間商品/日保ち:2日