素材へのこだわりが
入河屋の菓子造りの原点です。
三ヶ日はもちろん全国から選りすぐりました。


素材へのこだわり

こだわり農家 中薮さん
●当店が自信をもって味を自慢できる理由にこだわり農家、中薮さん無くして語れません。中薮さんは「おいしさは地質にあり」の信念から土の成分分析や長年研究した肥料を自ら配合し27hal(約8万坪)の広大な畑をまるでわが子のように気持ちを込め、作物を育てています。もちろん低農薬で安全にも気を配っています。その中薮さんから直送された、小豆は「北の乙女」、白豆「姫手亡」、じゃがいも、百合根、などの素材を使って入河屋の職人達が美味しい味造りに励んでいます。
●栗は恵那山のふもとで育まれた最上級の「恵那栗」
●芋は徳島県「鳴門金時」使用
●りんごは宮下農園の「紅玉」使用
●クーベルチュール(上質チョコレート)は100%ベネズエラ産のエルレイを使用(ベネズエラでは農民たちが何世代にも渡りデリケートで貴重なカカオ豆を栽培し世界最高のチョコレートと評されています。)
●自家製のアーモンドプードル使用
●牛乳から取れたままの純粋な生クリーム。
●デンマークのチボリクリームチーズ。
●日本最高級、長野県産、特撰本蕨粉使用。
ゴッツェさんのスイス菓子
入河屋ではドイツ人マイスター、
ウォルフ・ガング・ポール・ゴッツェ氏より本格的なスイス菓子の指導を受けています。
ゴッツェ氏はベルリン生まれで
スイス、ドイツ、アメリカ、日本でシェフとして活躍。
日本中にスイス菓子を広めた人物です。
日本でも第一級のマイスターです。
●三ヶ日みかん
ソフトクリーム

三ヶ日みかんの青島品種を濃縮した果汁を使ったソフトクリームです。

●みかんの効能
入河屋では8月頃の青いみかんを良く使います。この頃はフラボノイドという成分が多くこれが香り豊かな理由。最近では発がん抑制物質、ベータ・クリプトキサンチンが発見されこの頃のみかんに特に多いと言われています。がん抑制の作用はベータカロチンの5倍も強いと言われています。



入河屋では、蜜柑はすべて無農薬のものを使用しております。